ヒフミドの上手な使い方記事一覧

使用による肌トラブルを防ぐために、元々のアレルギー体質がある人は使用を控えていただくか、あらかじめパッチテストを行ったうえで、使用が可能かどうかの判断をして、大丈夫な場合のみ使用するようにしていだだきます。アレルギー体質でない方でも、日焼け後の敏感肌や創傷・り傷・虫刺されなどが有り過敏な状態の肌の人は使用を控えていただきます。

以前別の安価なローションを使用していた時には、ローションをコットンに含ませてから肌につけていました。しかしこの方法だと、ローションをたくさん使ってしまいます。なので量の少ないヒフミドは、コットンを使わずに直接手のひらの上にローションを出して肌につけるようにしています。こうすることでかなりローションの節約になります。

おすすめとしては、各工程で1つまでしか購入しないことです。例えば「洗う」工程であれば洗顔料1つだけ、「保湿する」工程であれば美容液1つだけというような購入方法です。エッセンスタイプのクリームや美容液、スペシャルケア用の美容液など、1つの工程において何種類もの製品が販売されているため、全て揃えようとせず1つに絞って、毎日しっかりとケアすることが大切かと思います。

エッセンスローション120mLだけで¥3240するので、トライアルキットの980円、1500円は、クレンジングなどの男性には不要な商品が数多くついてきますが、単体で購入するよりもかなりお得になっています。アマゾンでも購入できますが、公式HPからの通販が一番お得だと思います。夏場はクリームではなくローションと乳液の組み合わせが良いと思います。

重ね付けが一番よいと思います。乳液はなかなか肌に入っていかないので重ね付けすると重くなり、そのあとのメイクに影響してしまいそうですが化粧水は少なくとも3度は塗ると見違えるくらい肌の状態がよくなります!セラミドがシワの間にもしっかり入るように、少し圧を加えてぎゅっぎゅっと押し込むように塗っています。もう3~4年はヒフミドを使用していますが、冬場の乾燥がだいぶ改善しました!

まずは洗顔後、清潔なお肌にたっぷりとヒフミドを塗ってあげます。お肌が乾燥する前に、なるべく早くヒフミドを塗って保湿してあげることが重要だと思います。そして、たっぷりと手に取ってお肌に浸透していくのが実感できるように丁寧に縫ってあげるとお肌の保湿力も保たれてよいと思います。朝と晩は必ず毎日塗ってあげることで、お肌が潤いを取り戻してくれるので毎日2回使うのが基本です。